一般社団法人日本中国留学生交流会

Fellowship of Chinese Overseas Students in Japan

中国人就活生の現状。日本企業の反応。

世はグルーバス時代。にも関わらず日本はまだまだクローズドな就職活動。
その中で中国人留学生の就職活動が書かれた記事がありましたので感じたことをお伝えします。

私も中国留学生の就職支援、現地中国人の日経企業への就職支援を行っていますが、一言でいえば全然違います。大きく3つの点で日本の就活生と異なる点があります。

1.動機が明確
なぜ日本で働きたいかがとても明確。
その上で、企業を選ぶ理由もあります。
中国という広い国から日本の中小企業を見つけることは容易なことではありませんが、自分のやりたいこと。ステップアップにつながることならとことんやるという姿勢は素晴らしいと感じます。

2.勤勉
現時点では中国の優秀大学の学生としか合っていませんが、勤勉な学生が多く、驚きます。勤勉さというのはビジネスにおいてはとても重要なスキルになります。勉強をすることをあたり前のことだと感じ、ひたむきに自分の価値の向上に取り組んでいる彼等に魅力を感じてしまうのは仕方のないことだと思います。

3.自己主張
やはり自己主張が強いと感じてしまいます。国民性なのかもしれませんが、やはリビジネスで求められているものではないかと思いました。もちろん時にあだとなることがあるかと思いますが、言い切る力や自分を表現する力は自信に溢れているように見えます。日本人の学生はもっと周りに合わせることをやめればいいのにと感じてしまうこともあります…

今後もますますライバルはアジアの若者になってきます。就活だけでなく、ビジネスでも。どうやって乗り越えていくか大事。そのためのアクションを常に忘れずに行いましょう。

コメント

あなたのメールアドレスは公開しません。 * は必須項目

© 2016 fcosj.org. All rights reserved. 日本語中国語